工房の外観

工房について

家具工房kinome外観


kinomeの家具や道具たちは全てこちらの工房で製作しています。
設計から製作までを一人で行っているため、お届けまでにお時間を頂いてしまいますが、日々の生活のための家具・道具として永く受け継がれるよう、丁寧に製作しています。

使いやすい家具を追求することで、自然とシンプルな美しい形へとつながるものと思っています。

kinomeの工房


製作者 高田淳一

1967年東京都生まれ 大学卒業後、都内で住宅、別荘の仕事に携わる。
2002年長野県伊那技術専門校にて家具製作を学ぶ。
2003年栃木県那須町に移住し、家具工房kinomeオープン。


工房の様子

kinome家具製作
木取り

木の堅いところ、粘りのあるところなど見極めながら、部材を切り出します。家具作りで最も緊張するところです。

オーダー家具製作
椅子座面の削り出し

手で感触を確かめながら、カンナで削り出していきます。

ほぞ組
ほぞ組み

部材に応じた形で、ほぞを作ります。動かないように組んだり、伸縮するように組んだり様々な形があります。

ペーパーコード
ペーパーコード編み

木材以外の加工も行います。一織一織編んでいきます。

木工旋盤
旋盤加工

お皿、ランプシェードなどの加工

テーブル完成
完成した家具たちはお客様のもとへ

日々の暮らしとともにに様々な表情に変わっていくことを楽しみにしています。